自分に合ったメンズ財布で出来る社会人に

社会人になると、身に付けている品物にも気を配る必要があります。男性でも身だしなみは厳しくチェックされますので、スーツや靴、腕時計等だけでなく見落としがちな財布も注意しましょう。財布の選び方に気を付けて、使いやすく見栄えの良いアイテムを選べばビジネスパートナーの印象も良くなります。社会人がメンズの財布を選ぶポイントとして特に大切なのが見た目とブランド、そして機能性です。見た目はスーツ姿に合う洗練された物を選ぶ必要がありますし、ブランドも10代の頃とは違い、年齢に合った格式のある物から選ぶと自然な雰囲気になります。機能性の高さもビジネスマンとして重要なポイントで、機能性の高い財布は支払いに手間取らずスムーズに済ませられます。紙幣やカードの取り出しやすさや、収納性の高さ等にも目を向けて使いやすいメンズ財布を選ぶと良いでしょう。

見た目とブランドはメンズの財布の重要ポイント

財布なんて好きな物を選んで使えば良いという方にとっては、見た目やブランドへのこだわりは意味が無いものに思えるかもしれません。しかし、財布の見た目やブランドの選択に少し気を配るだけで、見る人の印象は大きく変わるものです。例えば、キーケースや名刺入れ等のアイテムと同じ色の財布を選びましょう。例えば、黒いレザーで統一したり、同じブランドの同じレザーを選ぶと統一感のある印象を与えます。様々な色のアイテムを集めてしまうと統一感が無くなります。特に、明るい色にすると子供っぽい印象になるので注意しましょう。ブランド選びは年齢に合った物を選択すると有効です。20代の若い世代であればポールスミスや国産のレザー製財布等がおすすめです。30代になった方はエッティンガーやダンヒル等の歴史と格式のあるブランドを選び始めて良い頃になります。40代や50代といった中年以降の方は、ルイ・ヴィトンやエルメス等の風格のあるブランドを選択すると大人の雰囲気にマッチするでしょう。

機能性は用途により選択するのが大切

財布の機能性と聞くと、何でも1つに収納できる便利な物を想像されるかもしれません。しかし、どんなに機能性を工夫した財布もコンパクトにまとめるのは限界があります。そこで大切なのが、用途によって機能を選択する事です。例えば、ビジネスシーンで違和感の無い定番のアイテムは長財布です。紙幣とカード入れがバランスよく備わっているので、機能的にも充実しています。ただし、支払いのメインをカードで済ませている場合は、カード入れのみの長財布を選ぶのも1つの方法です。長財布を選ぶ場合は、小銭入れを別に入手する必要があります。小銭入れの選び方は、できるだけシンプルな物にしましょう。本当に小銭だけ必要十分な額が入る程度のものを選ぶ方が、薄く小さくまとまります。シンプルな小銭入れは見た目もスマートで、スーツのシルエットにも影響しにくくなるのでおすすめの選択です。